料金設定

従業員が少ない中で仕事を続けていると、意外なほど電話応対に時間が取られるといいます。当然無視するわけにもいきませんが、電話の最中で優先度の高い仕事が舞い込んでくることも多く、作業が遅れて後々苦労することになるケースも珍しくありません。電話代行サービスは、そうした電話によって時間がつぶれないよう、代わりに電話応対を行ってもらったり、自分が留守中に事業所に電話が来たら、自分の携帯に転送してもらったりと、電話応対に関する様々なサポートを行うサービスで、現在も多くの企業が利用しています。

電話代行サービスの料金設定は、企業によって様々な違いがあります。例えば基本料金と一緒に、様々な形で料金が加算されるようになっており、連絡数が多ければ多いほど追加料金が加算されるようになっていたり、お値段据え置きで、料金を支払えば後は何回でも電話応対を行ってくれたりと、色々な違いがあるので、予算も考慮しつつ、どこを利用するべきか考えてみましょう。

電話代行サービスを利用する際は、料金設定以外のサービスも合わせてチェックしてみましょう。例えば最初の数週間は料金を無料にしてくれるお試しサービスを利用できるところもありますし、料金が高い代わりに、スタッフの応対が非常に丁寧で、電話した企業からも良い印象を持たせることが出来るところもあるので、予算だけに気をとらわれず、自分にとって一番得になりそうな企業を探してみましょう。

サービス内容

事務所が完全に空いてしまうことが多いと、取引先などの連絡に気付けず、業務に支障をきたすことも珍しくありません。少しでもそうしたトラブルを防ぐためには、専属スタッフをわざわざ雇い入れるよりも、電話代行サービスを利用するべきです。電話代行サービスは、専属スタッフが電話応対を行い、伝言を受けるなどの業務を換わりに行ってくれます。

電話代行サービスのサービス内容には様々な種類があります。電話応対に加えて、メールによる連絡内容の送信や、携帯電話への転送、戻り時間の伝達など、様々なサービスを利用することができますし、何より録音した音声などを使った機械的な応対ではなく、多くの経験を積んだスタッフによる電話応対を行えるので、顧客に与える印象もより良いものになってくれます。

電話応対サービスを利用すると、個人ではどうすることも出来な人材不足による弊害を防ぎ、トラブル防止に加え、より多くの利益につなげることが出来ます。電話応対サービスは現在様々な企業が行っているので、サービス内容や利用料金などを考慮して、一番要望に応えてくれそうなところを探してみましょう。最近はネット上で情報収集も出来るので、公式サイトはもちろん、比較サイトなどの情報も参考にしてみてください。

電話代行とは

たくさんの社員がいる企業とは違い、数人の従業員で運営されている中小企業や、一人で社を切り盛りしている個人事業主の場合、事務所が空になってしまい、電話応対できる人がいなくなることも少なくありません。最近は携帯に連絡できるようにもなりましたが、事務所に連絡してもつかまらない状態が続くと、連絡している側にしてみると、少々不安に感じてしまうので、留守中でも電話応対が出来るようにするために、電話代行サービスを利用してみましょう。

電話代行サービスを使うと、専属スタッフが代わりに電話応対を行い、用件や伝言を受けてもらうことが出来ます。更に通販の注文など、多数の連絡が来る事業においても、オペレーターの代わりとして働いてもらうことも出来、電話応対専門のスタッフをわざわざ自社で雇い入れるよりも、はるかに人件費を抑えることができます。オプションでより多くの業務をこなしてくれるところも多く、使い方次第で業務上の様々な悩みを解決できます。

電話代行サービスを行っている企業は多く、それぞれ料金設定やサービス内容が異なります。同じ電話応対でも、単純に電話を取り次ぐだけでなく、連絡内容をメールで教えてくれたり、勧誘電話については取り次ぎしないようにしてもらったりと、サービス内容によって細かい違いが出てきます。どこを利用するべきかは、利用目的や予算の違いもあるので、はっきりとはいえませんが、公式サイトなどに掲載されている情報を参考に、自分の希望を満たしているところが無いか探してみてください。